2014年11月20日

世界を滅ぼすスイッチ

世界を滅ぼすスイッチなんて、もしも手に入れたらあなたはどうしますか?
もしも私なら押す?押さない?う~ん難しいですね。
あ、クリスマスパーティが終わるまでは押しませんね。えっ?その後?う~んお正月もあるし……

まりん組・図書係より 作 海野久実さん



海野さんには朗読の許可をいただきました。
作品は海野さんのオリジナルです。
文章の無断転用 及び 朗読の無断配布はしないでください。
posted by はる at 14:44| Comment(4) | 朗読 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしそれで思いとどまるようなら、大した決意ではなかったわけでしょうね。
Posted by Tome館長 at 2014年11月20日 16:59
Tome館長さんへ
うぅ~ん、相当の決意と覚悟が必要ですよね。
彼がどうしたか、これは海野さんしかわかりませんよね。
案外ビックリしてはずみで押しちゃったりして。(笑)
Posted by はる at 2014年11月20日 19:18
「もう押すよ」のあとすぐに、彼はボタンを押していたのかもしれませんね。
愛する彼女との二人きりの世界は終わり、ロマンチックな時は去り、大変な子育てに追われる日々の始まり。
Posted by 海野久実 at 2014年11月21日 00:14
なるほど、これまでの世界を消して、次の世界を
作って行くのですね。
大変な子育て世界に突入ってことかな?
本当に大変な世界でしょうね。
でも、若者には頑張ってほしいですね。
Posted by はる at 2014年11月21日 19:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。